こんにちは。
愛知県瀬戸市や尾張旭市、長久手市などで活動している株式会社髙原商会です。
弊社は地元のインフラ整備には欠かせない、土砂や路盤材などの配送を請け負っている企業です。
より利便な街づくりに貢献できる髙原商会で一緒に働きませんか?
現在、砂利や路盤材などの配送を請け負う「大型ダンプドライバー」を募集しています。
大型ダンプドライバーと聞くと、しんどそうなどのマイナスなイメージを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、今回は弊社に在籍するドライバーが思う、大型ダンプドライバーの大変なところをご紹介したいと思います!
ぜひ、最後まで一読していただき、大型ダンプドライバーの仕事を知ってもらえたら幸いです。

大型ダンプドライバーの大変なところ

手を差し伸べるスーツの男性

就業時間が早い

弊社の業務時間は基本、5:00~15:00です。
他の企業様に比べると始業時間が早いのが特徴です。
そのため、朝が弱い方やご自宅が遠い方は、大変に感じるかもしれません。
しかし、始業時間が早い代わりに、就業時間も15:00と早いのも弊社の特徴です。
大型ダンプなどのドライバーは、安全運転を意識しながらの運転になるため高い集中力が求められます。
それゆえ、疲労がたまりやすい労働環境として有名です。
少しでも休息時間を確保し、業務中のパフォーマンス力の高めることを目的とし、弊社では現在の勤務時間の設定を行っています。
多くのドライバーは始業時間さえ慣れてしまえば、プライベート時間の確保がしやすく働きやすい環境だと感じてくれています。

待機時間が発生する可能性がある

大型ダンプドライバーが配送する土砂や路盤材は、土木工事には必要不可欠な資材です。
これらの荷下ろし作業はありません。
しかし、現場に到着し資材を下ろす場所の手配のために、待機時間が発生する場合があります。
何もできない状況が発生するため、常に動いて作業していたい、なにか仕事をし続けていたいという方は、少し窮屈に感じるかもしれません。
日々の業務の中で何もできない時間が発生することで、達成感を得づらくなる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、今まで何回も配送してきた現場での作業が終えたとき、やり切ったという大きな達成感を得るドライバーも多いです。

高いハンドル技術が必要である

大型ダンプドライバーであるため、大型車の運転が必須です。
そのため、大型車禁止エリアなど地理の知識が必要です。
また、道を間違えたときに正確なハンドルさばきでバックやUターンを行える運転技術も欠かせません。
そのため、運転技術に自信がない、地理が苦手という方は慣れるまで大変に感じる可能性が高いです。
しかし、そんな方もスムーズに業務を行えるように、弊社では新人ドライバー研修を1カ月間設けております。
研修期間に必要な技術を身につけ、不安点の解消を行えます。
また弊社はルート配送で基本同じルートの往復になるため、地理が苦手な方でもすぐに慣れるでしょう。

髙原商会でダンプ屋デビュー

履歴書とボールペン
いかがでしたか?
大型ダンプドライバーにかかわらず、どのような業務内容でも大変な点は多くあります。
その大変と感じる点をどのように克服するかが、働くうえで大切だと弊社では考えています。
また克服するために、どのように会社がサポートするかもとても重要です。
弊社では、従業員のサポート体制も整っております。
ぜひ大型ダンプドライバーに興味のある方は採用情報ページよりご応募ください。
たくさんの方からのご応募をお待ちしております。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。


株式会社髙原商会
〒489-0861 愛知県瀬戸市八幡台6丁目8番地の1
TEL:0561-85-0091    
FAX:0565-42-4853
※インターネット商材、人材紹介、求人広告、投資等の
弊社の業務に関係のない営業電話は固くお断り